エコ社会実現 リサイクルのあり方について

化石燃料の枯渇が叫ばれる昨今、サーマルリサイクルによって燃料を再利用することで、エコに貢献が可能です。

エコ社会実現 リサイクルのあり方について

サーマルリサイクルとエコ

地球に優しくエコな生活を、と言われ続けてどのくらい立つのでしょうか。当時は面倒だと思っていたことも、意外と習慣になって、エコに貢献しているひとも多いと思います。このエコが叫ばれるようになってから、ビニール・プラスチックの類の扱いがずいぶん変わったような気がします。かつてビニール・プラスチックは燃やすと環境や健康によくないダイオキシン等が発生するので燃やさず、埋め立てていたと記憶しています。それが今ではサーマルリサイクルの対象ですから、リサイクル技術もずいぶんと向上したなあ、と感心してしまいます。サーマルリサイクルとは熱処理して再利用することで、ビニールやプラスチックは元の化石燃料(石油など)の状態に戻して別の物を作る資源として使われるのです。

ビニール・プラスチックのサーマルリサイクルが可能になったのは、まず熱処理の機械の性能が向上したのが理由でしょう。ダイオキシンを発生させないなどの技術が、サーマルリサイクルの現在に繋がったのです。その背景には、近年特に言われていますが、石油などの化石燃料が枯渇しつつある現実があると思います。未だに化石燃料を使っている家電は結構ありますよね。家電以外では車もそうです。そうやって消費し続けてはあっという間に枯渇してしまいますから、せめてビニールやプラスチックを再利用することで、少しでも化石燃料を延命しようとしているのです。そのような現状を把握した上で、家庭でもサーマルリサイクルに協力し、エコに貢献したいと思います。
ピックアップ情報

Copyright (C)2017エコ社会実現 リサイクルのあり方について.All rights reserved.