エコ社会実現 リサイクルのあり方について

環境のためのエコやリサイクルなどに必要なものとは何か。また、日本の現状やこれからについて。

エコ社会実現 リサイクルのあり方について

リサイクルとエコ、3Rとは

2001年に施行された家電リサイクル法をはじめ、ゴミの問題などリサイクルやエコについての対策が整い、また個人各々の意識も高まりつつある日本。リサイクル率は世界1位を誇っています。しかしこのような中でも、日本人1人につき、年間で400キログラム超のゴミを作っているというデータもあるくらいですので、さらに1人1人が日常的にエコについて考え、行動に移す事が大切と言えるでしょう。

3Rという言葉があります。頭文字Rからなる3つの言葉であり、リデュース、リユース、そしてリサイクルです。リデュースは減らすという意味であり、例えば最近ですとスーパーなどではレジ袋がなくなったり、もしくは有料となり、エコバッグを持つ事が当たり前になりました。海外などではかなり主流となっていますが、食品を入れるプラスチック製のトレーなども最初からあまり使わないような商品も増えたように思います。次にリユースですが、これは再利用するという意味です。中古品を専門に扱うお店やフリーマーケットなどは良い例です。海外では、例えば学校で使用する制服や教科書などは年長者から譲ってもらうのは当たり前という事です。自分の家の庭で不用品を並べ、近所の人達が大勢買いにくるなどというのも、映画のワンシーンでよく使われている事から日常的なものだという事がわかります。

最後にリサイクルです。日本語でのリサイクルはリデュースやリユースも含めてエコに繋がる事全般についてリサイクルと呼んでいる傾向がありますが、再生利用するという事であり、ペットボトルやアルミ缶、汚れていない紙などは、家庭で分別する事が当たり前になっています。このようなものは、衣料など様々なものに生まれ変わっている事は承知の事実でしょう。エコ、環境に優しい地球を作ってゆくのは、ひとりひとりが3Rを当たり前に考える事が一番簡単であり一番重要であり、日本はリサイクル率1位を誇りに、世界を引っ張ってゆく国になる事を期待しています。
ピックアップ情報

Copyright (C)2017エコ社会実現 リサイクルのあり方について.All rights reserved.