エコ社会実現 リサイクルのあり方について

粗大ごみの持ち去りはリサイクルと言う意味でもまたエコと言う意味でも社会全体で奨励されるべきです。

エコ社会実現 リサイクルのあり方について

リサイクルできるものはどんどんやるのがエコと言うものです

リサイクルと言う行動がエコ的に非常に重要だと言うことに異論のある人はいないでしょう。それにもかかわらず粗大ごみの日にそこから有用だと思えるものを勝手に持っていってはいけないと言うのはいささか矛盾していると言えるのではないでしょうか。もちろん持っていった物をそのままごみとして家に置いていたのではどうしようもありませんが、それを活用して新たな使い道を考えると言うのならば粗大ごみを持っていっても決して悪いことではないはずだし、それどころかリサイクルと言う意味でもっとも効果が期待できる行動ではないでしょうか。それにもかかわらずごみを持っていけないというのでは、リサイクルの精神に反するように思えるのですがどうでしょうか。

なにもリサイクルショップに粗大ごみを引き取ってもらうことだけがリサイクルではないはずだし、またごみの減量にも繋がることを考えれば、ゴミ捨て場に出してあるものを勝手に持ち去っても良いと言うのは推奨されるべきことのはずです。もちろん資源ごみとしてすぐにお金になるようなものの持ち去りが禁止されるのは当然ですが、どう見ても燃やされるか埋め立てられる以外に使い道がないようなものについては、行政や地域の自治会としても積極的に持ち去りを奨励するべきです。それはリサイクルの理念にも合致するし、新しく物を買い込んで新たなごみを作ることを阻止する行動でもあるのだから、理想的なエコ社会においては粗大ごみと言う概念自体がなくなるのではないでしょうか。

Copyright (C)2017エコ社会実現 リサイクルのあり方について.All rights reserved.