エコ社会実現 リサイクルのあり方について

リサイクルやエコといったことを仕事にして設けることを考えてみたときに、どんなビジネスになっていくか。

エコ社会実現 リサイクルのあり方について

リサイクルやエコといった仕事

エコやリサイクルといわれて既にどれだけたっていることでしょうか。その中でほんとにエコにつながっている業種ってなんだろうということについて考えてみました。単純に、中古ショップなんてのは、リサイクルでかつエコ、でしょうね。ただ、製造側からしたら、新しい製品が回らないので、強力なライバルになってしまうのでしょうか。耐久性の良い製品であればあるほど、次がまわりませんから。では、リサイクルを単に横流しではなく、なにか変化を加えたもにしたらどうなるでしょうか。不動産屋の買取業者というのがこれに近いかもしれませんね。中古でマンションを購入し、不動産屋が新たにリフォームを加えて、再販する。これならたたの横流しではなくて、リフォームをする際に材料である工事業者を雇うなりして、新たな雇用を増やすことになったりしますね。そうなると、経済もひとつ動くようにおもいますね。これはリサイクルになるかわかりませんが、材料を再生するというものですね。よくペットボトルからTシャツを作ったりがこれにあたるようにおもいます。ただ、この場合、材料の洗浄や選別、再作成といったエネルギーが必要になりますが、不動産屋の例とは異なり、あまり雇用につながならないような気がします。

なにかこう、エコとリサイクルでなにか新しく事業ができないか、いろいろ考えてみるのも面白いと思います。あと、こういう系統って、助成金が出たりする可能性もありますしね。商売としてどう成り立つかというのも、エコの重要な課題かと思います。

Copyright (C)2017エコ社会実現 リサイクルのあり方について.All rights reserved.